NEW

働き方改革支援員によるご支援《2月》

社内研修・勉強会編

京都府では働き方改革を推進していくため、働き方の改善に向けて働き方改革支援員が様々なご支援をさせていただいています。この事業のキックオフを1月に開催させていただいたところ、多くの企業より支援依頼があり、2月は約20社のご支援をさせていただきました。 その支援の一部、まずは社内研修や勉強会開催における支援をご紹介させていただきます。 

株式会社京都ホテル様

担当:福井正樹

「新しい経営・管理戦略としての女性活躍推進」というテーマで WLBC 関西の福井正樹が常務取締役・総支配人を含め管理職100名の皆様に社内研修を担当させていただきました。

講演内容は 

①これからの経営に必要なことって何だろう・・・?

多様化するニーズを鋭敏に察知する/察知したニーズを利益率の良い仕事に結びつける 

②経営者・管理者が考えなければならないこと・・・

 働く人たちのニーズを知る/働く人たちの背景を知る/働く人たちのモチベーションを高める/優秀な人材を獲得する/働き続けたい会社にする 

③女性活躍推進の実現に必要なもの・・・

働く人たち一人一人の背景を知る/生活・仕事の間に生まれる様々なことを知る/働く人たちがより一層働く気になる環境を作る/ハードワークに対応できる環境づくり

 

参加者の皆様の反応はとても良く、講義後の質問にも多くの手が挙がり、女性活躍推進・働き方改革に向けて意識改革の第一歩が踏み出せた研修となりました。 

株式会社アールエスツー様

担当:山下典子

WLBC関西・山下典子がオーナー、幹部を含む全従業員を対象に社内研修「ワーク&ライフ両立セミナー」を担当させていただきました。 

 

内容は 

 

1キャリアを考える 

・キャリアデザインの必要性

・就労を取り巻く社会環境の変化

・ワークライフバランスとは

 

2ワークショップ1「ライフラインチャート」 

・発表

・気づきの共有

・まとめ 自分の価値観を知る

 

3理想のキャリアを手に入れるために 

・計画された偶発性理論

・実践のための5つの行動指針

 

4ワークショップ2「理想のワーク&ライフビジョン 3年後と 10年後」

 

5キャリアとワークを両立するために 

・働きながら母になって思うこと

 

最後に、

「理想の未来に向けて今日から始めること」として ワーク目標ライフ目標を宣言。

 その宣言に仲間より応援メッセージをもらいました。 

参加者からは 

  • とてもタメになり聞きやすいセミナーでした!!楽しかったです!仕事に対しても、プライベートに対しても、これからはもっと充実させる生き方ができそうです。ありがとうございました。 
  • 本当に勉強になりました。親では分からない事、聞けない事、キャリアの道を歩んでこられた女性の意見、考え方を聞くことで自分にプラスの思考を持てたし、良かったです。ありがとうございました。 
  • 色々と迷いを捨てるキッカケとなりました。
  • このような機会は普段なかなかないので非常に良かったです。過去の自分を振り返るなど、楽しめました。スタッフも楽しくセミナーを受けていたと思います。
  • 女性はこうあるべき、男性はこうあるべきという考えを捨てて、パートナーと協力し合おうと思える時間になりました。 
  • リアルタイムでどれも自分のためになるお話でした。自分の中でザックリ考えていたことが少し具体的に考えられるようになりました。ありがとうございました。 
  • 女性の生き方は時代とともにしなやかに順応性高くというのが良いと思っていたので、非常にタイムリーなセミナーでした。ありがとうございました。

 

など、沢山の嬉しい感想をいただきました。 

建設業における働き方改革勉強会

担当:福井正樹・瀧井智美

建設業 5 社の皆様とともに、建設業でどうやってワークライフバランス、働き方改革を進めるのかを学びあう勉強会を開催しました。 

タイトル:始めよう!働き方改革「建設業における働き方改革勉強会」

内容 

《1部》建設業における長時間労働削減の実績と実例の紹介 

 株式会社梶川土木コンサルタント 梶川洋様(30分)

  WLBC関西 福井正樹(30分)

 

《2建設業での働き方の課題への解決策を探る

 質疑応答 ディスカッション 

2010年からワークライフバランス、働き方改革に取り組んでおられる株式会社梶川土木コンサルタント 代表取締役梶川様からは自社での取組みを具体的にご紹介いただきました。 

  • 2010年~ 意識改革期 
  • 2012年~トップダウン期 
  • 2014年~巻き込み期 
  • 2016年~ボトムアップ期 

 

この取組みには時間がかかること、5 年が1つのキーワードであること、しかし取り組むことで必ず良い変化がうまれると、取り組んだことによる数値的な効果と非数値的な効果も具体的にご紹介いただき、推進のヒントをご教授いただきました。 

 

福井からも「当たり前を当たり前と思わない意識づくり」「一人一人の作業内容の詳細分析と徹底的に話し合うコミュニケーションの必要性」を多くの経験から紹介がありました。

出来ないではなく、どうしたら出来るか 自社で考えて取り組みことはもちろん関係会社や業界を巻き込んで一緒に考えることの大切さ、 これからも建設業はもちろん、様々な業界ごとに開催して行ければと思います。 

株式会社ワーク・ライフバランス社のコンサルタント養成講座修了生であり、関西を中心に多くの企業や自治体にてワーク・ライフ・バランス導入研修や働き方の見直しコンサルティングなどを行っているワーク・ライフ・バランス推進のプロコンサルタント集団です。