2月昼カフェ『お寺でほっこりリラックス。英月スタイルで癒しの時間を♪』

日時:2014年2月22日(土)10:30-13:30

場所:四条 大行寺

参加費:2,000円(昼食代・消費税込)

定員:20名

 

 

今回は美人すぎる僧侶!の、英月さんと一緒に、慌ただしい日常のストレスから少し離れて、ほっと一息つく、そんなイベントを企画しました・・・♪

【今回の昼カフェは、お寺でほっこり、癒しの時間を♪】

 

慌ただしい毎日で、疲れてしまったり、生きている意味を見失ってしまいそうになること、ありますよね。

 

仕事、子育て、家庭、趣味、健康にも気を遣って・・・ちょっと待って、私はそんなにスーパーマンじゃない!!

 

たまには、自分と向き合ったり、誰かに話を聞いてもらったり、素敵な話をきいたりして、心が落ち着くような体験、したいですよね。

今回は京都の四条にある大行寺というお寺で、元大手都市銀行員で、10年アメリカで暮らした経験をお持ちの、副住職の英月さんと、ほっこり癒しの時間を過ごすイベントを企画しました。

 

*心の枠を取り払って*

英月さんの企画では、いつも自由な手法で行う写経などを行います。

写経というと、『筆で、黙々とお経を、達筆に写していくあれ?』を思い浮かべるかと思いますが、英月さんは、その枠を取り払うことで、本当に大切なことに目を向けたり、自分で自分を枠にはめてしまっていたことに気づく時間を作ってくださいます。今回も女子シャインチアーズのために素敵な癒しの企画をご用意してくださいます♪

 

参考記事:自由でびっくり!英月スタイルの写経法

 

お寺のイベントに行くのは初めて!という方も、ぜひこの機会に、一緒にお寺でリラックスしてみませんか?日常のストレスから、解放される素敵な時間を一緒に過ごしましょう*^^*

 

【講話と癒しの企画はこの方と一緒に!】

◆佐竹 英里子さん(法名:英月)(大行寺副住職、元銀行員)

大和銀行本店(現りそな銀行)に6年半勤務。恵まれた環境にいながらも、満たされない思いを感じ、単身渡米。10年近いアメリカでの生活を経て、現在副住職を務める。お寺は、開かれているものであるべきという想いから、お寺という場所を使って、さまざまな企画に取り組まれている。

 

英月ブログ『この世の極楽。』

 

-ブログプロフィールより-

江戸時代から続く寺の長女として、京都に生まれる。同業者(僧侶)と見合いすること、35回。ストレスで、一時的に聴力を失う。このままではイカン!と、なぜかメリケンに家出。英語も話せず、お金もなく、知り合いもいない中、生活を始める。
北米唯一の日本語ラジオ「サンフランシスコラジオ毎日」でパーソナリティーを勤める他、テレビCM、ラジオCMに出演。また、現地で「写経の会」を主催。
「サンフランシスコにお寺をつくろう!」と、奮闘中に・・・。
なんと今度は、実家の寺の跡取りだった弟が還俗(げんぞく)。お坊さんやめた~。宣言をしてしまった為、代々続いて来た寺を、継ぐ者がいなくなる。
2010年夏、9年半ぶりに帰国。
九代目になるべく、京都で僧侶見習い中。

 

 

【ランチ交流会は、女性に優しいお食事と】


女子シャインチアーズのイベントは、セミナーの後に参加者・講師・ゲストでゆっくり話せる、ランチ交流会付き!女性向けメニューでできた、ほっこりご飯を食べながら、和気あいあい、お話しましょう!

お申し込みはコチラ!