9月昼カフェレポート*意識から変わる。上司との付き合い方!

日時:2013年9月28日(土)10:00-13:30

場所:京都テルサ 東館2F 視聴覚研修室

 

今回のテーマは上司とのコミュニケーション!

今回もいろんな職業の女性が11名、集まってくださいました!中には、83歳で現役生保レディとして、トップセールスを上げ続けているという女性も!

 

自己紹介ではテーマにちなんで、みなさんが今まで働いてきた中で出会った上司の数と、その中でも印象に残っている上司について、一言ずつ伺いました。

中には、上司には今まであまり恵まれたことがないと感じる方や、あの『倍返しだ!』の常務のような上司が本当に居るんです!という方も。こんな風に、開始早々、早速盛り上がる上司の話題。みなさん、異なった職場環境の中であっても、上司との関係については、やっぱり変わらず重要視しているんですよね。

自己紹介の後は早速セミナースタート!

今回は自分と上司の口癖や思考パターンから、コミュニケーションタイプを調べるワークから始まりました。

 

そこからわかるのは、以下の4つの心の状態。

1つ目は、『私もあなたもOK!』なwin-winポジティブな言葉や、考え方ができる状態。

2つ目は、『あなたはOK、でも私はダメ』なlose-win自分を卑下してしまったり、意見を我慢してしまっている状態。

3つ目は、『私はOKだけどあなたはダメ』なwin-loseちょっと攻撃的になってしまっている心の状態のこと。イメージは、ジャイアンですね。

4つ目は、『私も、あなやもどっちもダメ』な、lose-loseもう誰も信じられない・・・人と関わること自体がいやになっている、そんなとき、この状態にいるということだそう。

 

それぞれの心の状態を、人はそのときどきで、行ったり来たりしているそうです。そして、大切なのは、自分が今どの状態にいるのかを、きちんと理解すること。そうすることで意識的に、コミュニケーションの課題解決につなげることができるんですね。

 

心の状態について学んだあとは実際に自分が、どの心の状態にいるのか、分析してみました。そのうえで職場で求められるコミュニケーションって、どのコミュニケーションだろう?ということを考えていくと、もちろん、1つ目の心の状態で、コミュニケーションをとっていくことが、より望ましいということがわかりますよね。これを、専門用語で『アサーティブコミュニケーション』というそうです。

 

アサーティブコミュニケーションは、

 

1) 誠実である。(自分の気持ち・感情をきちんと救い上げる)

2) 率直である。(等身大で、回りくどくない方法で・言葉でつたえる)

3) 対等である。(自分も相手も尊重する)

4) 自己責任を正しく理解する。(自分の行動の結果を、そのまま受け止める)

 

この4つを意識することが大切です。

アサーティブコミュニケーションを学ぶワーク

これを踏まえて、今度はグループで、とあるプロジェクトでのできごとを題材にワークを行いました。

プロジェクトのメンバーの一人があなたとして、上記のそれぞれの心の状態だった場合、どんな行動をとるのか、シミュレーションしていきます。

それぞれのチームでシミュレーションした内容を共有していくことで、反面教師的にわかりやすく、アサーティブコミュニケーションを学んでいくことができました。

セミナーの後はランチ交流会!

セミナーの後は、みなさんでお弁当を食べながら、今日のセミナーについてや、それぞれの仕事について、自由に話していきました。中でも、83歳の現役生保レディさんのお話は、とても刺激的で、いくつになっても、女性は輝き続けられる、やりたいと思ったら、年齢は関係ないということを感じさせてくださいました。

*今回の会に参加された方より*

 ・高橋先生のセミナーはいろいろ気づかされることが多く、またいろいろなところで活躍されている方と話すことができて良かったです。

・会社外の輪が広がって、色々なお話ができたので、気持ちがクリアになれました。

・お弁当は、女子向けでヘルシー♪場所も便利で来やすかったです。

・ランチタイムで個人相談とかできたので、気持ちの整理ができました。

今回のセミナーでは、自分の意識や、言葉を変えていくことで、相手とのコミュニケーションをよりよいものにしていけるという、今すぐにでも実践していける内容でしたね!みなさんが楽しそうに、あるある~!と話されているのを見ているのも、とっても楽しかったです!次回はどんなお話が聴けるでしょうか?お楽しみに

*チアッチ*