セミナー開催実績

8月26日 京都ウィメンズベース キックオフセミナー 「中小企業が勝ち続ける秘訣 経営戦略としてのワーク・ライフ・バランス」

日時:2016 年 8 月 26 日(金)10 時~12 時 

会場:京都ホテルオークラ 4 階 暁雲の間(参加者:158名)

講師:株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役 小室 淑恵さん 

京都府男女共同参画監 大谷学氏のご挨拶から始まったキックオフイベント!

京都ホテルオークラの会場には京都府内の経営者、人事ご担当者、企業で働く当事者の皆さん、定員を超える多くの方がご参加をくださいました。 

「中小企業が勝ち続ける秘訣 経営戦略としてのワーク・ライフ・バランス」と題したご講演では、講師小室淑恵様より、WLB と WFB の違いや日本が抱える深刻な課題、それらを解決するためのワークライフバランス、 それがなぜ急務なのか、国の動きを始め、実際に進めるときの具体的な進め方や関西での中小企業の事例など詳細のデータと豊富なご経験から詳しくそしてわかりやすいお話をいただきました。 

最後は WLBC 関西より今後の京都府の事業「事業主行動計画策定支援事業」「女性活躍研修事業」についてご説明をさせていただきました。 

参加者感想

  • ワークファミリーバランスとワークライフバランスの違いがよく分かったのが特によかったです。独身にもWLBが必要な理由が非常に具体的で他社事例も参考になります。 
  • メーカーの組合役員として参加しているが働き方改革はワークライフバランス実現に向けて有効であることがわかりました。 
  • ワーク・ライフバランスとは流行語のようなものに思っていましたが、日本の持続のために必要不可欠な急務ということがよくわかりました。 
  • 経営層に理解してもらうには、介護の話をするのが効果的ということもよくわかりました。
  • 担当者としてこのようなセミナーを初めて受けましたが、会社の成長のためにも、真剣に取り組まなければならないと感じました。
  • やるべきこと、やる方向ははっきりしました。後は行動を起こすのみ、上位層へのプレゼンです。
  • 時間当たり生産性を向上させるため、働き方の見直しを自分から行い、社内の発信を強くしていきたいと思いました。 
  • 「やることがないということはない」「自分のライフ(仕事外)の豊かさを語る」この言葉を聞いて仕事外の時間の使い方も考え直そうと向上心を持つことができました。 
  • ご自身の経験や子供との関わりの話では、私も感じたことのあるキモチなど共感できる部分も多く、大変勉強になりました。 
  • 人口ボーナス、人口オーナスやり方考え方を変える必要性が良く理解できました。
  • 人事が社長、役員も巻き込んで関西から進めています。
  • 課題に取り組む覚悟がつきました。

昨年の参加者にはこれをきっかけに社内の取組みをスタートされた企業様もございます。 

>広瀬製作所様(取り組みをみる)

今回もご参加くださった皆様がこの取り組みに理解から実践者へと一歩進めていかれますこと、京都府ウィメンズベース事業で出来る限りサポートさせていただければと思いますので、どうぞ引き続き個別企業支援や女性活躍研修等ご活用くださいませ。

 

また、キックオフセミナー当日は16時より、「京都ウィメンズベース」開所式もとり行われました。 

京都府、京都市は3月に女性活躍推進法に基づき京都女性活躍応援計画を策定し、その推進のため、京都府下の企業の女性活躍支援拠点となる「京都ウィメンズベース」を開設しました。 このような拠点設置は全国初です! 

 

開所式では、まず京都ウィメンズベース 中西センター長より、設立の経緯や事業内容の説明、その後、京都府山田知事、京都市門川市長、京都労働局井内局長よりもメッセージがございました。 これからも京都府内の中小企業における女性の活躍推進を、京都府・京都市・京都労働局・経済団体等が一体となり力強く進めてまいります! 

京都のワーク・ライフ・バランス推進、ご期待ください。