セミナー開催実績

●9月10 日 「きょうと女性リーダーズプロジェクト」3回目無事終了!

第3回目の開催報告 

リーダーズ PJT は、キャリアを意識しながらビジネススキルのストレッチを図っています。この第3回目のテーマは【チームビルディング】。 


チームのベースづくりに必要な意識と行動を学び、成果につながるチーム作りに必要な関わり方のポイントをみなで学び合いました。 

こういったテーマは理論よりも何より実践! 

自分自身が体験しながら腑に落ちる学びに繋げるため、この日は2つの演習を行いました。 

演習を通して、全員が参画することの難しさ、リーダーシップとフォロワーシップ、組織成立の 3 要素(C・バ ーナードの組織理論)等、チームビルディングに必要なことに気づき、それぞれに学び多い時間になっていました。 

回を追うごとに、学びや繋がりが深まっているリーダーズ PJT。 

この後皆さんは次回までに課題に取り組んでいただき、次回はロジカルシンキングへと進んでいきます。 

リーダーズがつなげるネットワーキング

リーダーズ PJTは、ロールモデルや参加者との交流から知恵やヒントを得るということで、皆さんのネットワ ーキングを支援しています。この日は受講生のお一人である里内さんとWLBC 関西のメンバー、北嶋紀子さんとお繋ぎしました。 


里内さんはついこの間お二人目をご出産されたばかりの弁護士。北嶋さんは、3人のお子さんを育てながら弁護士をされている里内さんにとってのロールモデル。

共通のお知りあいもいたようで、様々な情報交換・知恵・経験の共有をされていました。 今後も受講生の皆様に必要なネットワーキングのお手伝いもしていきたいと思います。 

9月12日 長岡京市で初開催!「働く×育てるカフェ」無事終えました! 

NEW

長岡京市で初開催!「働く×育てるカフェ」 

7名ご参加中、4 名が育休中の方でした。

様々なご意見やお悩みが出てきました。

 【いろんなお悩みあれこれ】

  • 育休あけの両立ってできるんだろうか?
  • 仕事も、家事や育児など体力が持つのかな?
  • こどもが病気になったら?
  • 実家が頼れないのでどうしよう?
  • 今は子育てどっぷりだけど、仕事復帰したいのでそのタイミングは?
  • 2人目、3人目を考えたいけど仕事を考えるとタイミングどうしたらいいのかな?

その数々の悩みに対して、長岡京市ならではの子育てサポートの情報や、先輩ママさんからのアドバイスなどがどんどん出てきてステキな時間になりました! 

  • 働きたいという想いが再確認できた
  • 前向きに考えたい
  • 長い目で見た時にどうなのかという視点をもつ
  • こんなにいろいろサポートがありそうだし大丈夫って思えた

やはり話をしてみることで笑顔になれますね。

次は、京丹後市で開催します!! 

9月10日 第2回ロールモデルカフェ 〜チャレンジ!でチャンスをつかむ〜 終了!

NEW

2回目の『ロールモデルカフェ』は、舞妓体験工房でメイクアップアーティストとして活躍される武甕(たけみか)真理子さんとキャリアコンサルタントとして活躍されている平尾明子さんがロールモデルゲストでした。


武甕さんは産・育休復帰後、当時の職場では働きづらさを感じ離職したものの、子育てしながら働き続けたい!という強い気持ちで転職されました。新天地を求めてたどり着いた現在の職場では、周囲のサポートにも恵まれながらネイルの勉強等メイクアップアーティストとしての自己研さんも積んでおられます。「将来は娘の結婚式でヘアメイクを施すことが夢」とイキイキとお話いただきました。

 

平尾さんは出産後育児に専念したいという思いから、お子さんの幼少期は成長に合わせて働き方を選択。さまざまな職業をされたご経験のなかで「女性としての働き方」について着目されたことと当時たまたま見つけた「キャリアカウンセラー5 万人養成」の記事をきっかけにキャリアカウンセラーを目指されました。「自分はできないと思っていた」と仰る平尾さん。それでもあきらめずにまずはやってみることで道を拓いてこられたのではないかと思います。お仕事を通して経験されたことはもちろん、専業主婦として家庭や地域で経験したことが今のキャリアカウンセラーとしてのスキルに繋がっているとのお話をいただきました。 


後半はお二人のお話を基に、参加者の皆さんの感じたことや気付きを共有。 

「自分自身をあきらめない」 「他者の評価に惑わされずチャレンジ!」 

といったキーワードが出てきました。 

9月5日 第1回ロールモデルカフェ〜 ワークスタイルを見直す〜 終了!

NEW

1回目の「ロールモデルカフェ」はウイングス京都で開催しました。この日のテーマは「ワークスタイルを見直す」。 ロールモデルゲストとして、IT 系企業でSEとして活躍されている、森田芙未子さんにお話していていただきました。 


システム開発に関わる森田さんはチームで取り組み、成果を出していくこの仕事が大好きで結婚後も残業をこなしながら仕事に打ち込んでおられたのですが、産休・育休を経て子育てとの両立を考え時短勤務をしながらでも成果を出す方法を考え、実践されています。また週1回は在宅勤務も利用し、1時間超の通勤時間分の時間も活用されています。 


現在のワークスタイルになったキッカケや具体的にどのようにされているのか、お仕事への想いや制約のあるなか、チームでリーダーシップをどのように取っているのか…等たっぷりお話くださいました。 また、ご参加いただいた方どうしで感想をシェアしていただいたり、質問もあり「在宅勤務」や「マネジメントについて」といったテーマでゲストと参加された方々との対話が盛り上がりました。 

 <参加者の声> 

  1. 上司の影響力の大きさ、在宅勤務のメリット、復職直後の不安など
    学びになりました。

  2. 森田さんの今の働き方に至った経緯を具体的に直接聞けた事で、
    これからの私の働き方のヒントを得ることができました。